Microsoft System Center Configuration Manager 2012(Beta 1)レビュー

インフラストラクチャが主に物理サーバーまたは仮想マシンで構成されている場合でも、ほとんどのIT予算ではライオンのシェアはすべて管理する方向に向いています。 Microsoft中心の環境では、これを行うツールはSystem Center(SC)ファミリの一部です。 SC Operations Managerは、ハードウェア、インフラストラクチャ、およびサービスの健全性をチェックし、SC Data Protection Managerはすべてをバックアップし、SC Virtual Machine Managerは仮想化の世界を処理し、SC Configuration Managerはクライアントコンピュータとサーバーを監視します。

SCCM 2012の最終版は、ユーザー中心の管理(UCM)、新しいコンソール、より簡単なインフラストラクチャ、および新しいセキュリティモデルに関する最も興味深い変更を伴い、来年半​​ばまで期待されていません。

SCCMは、デバイス(コンピュータ、サーバ、スマートフォン)を検出し、各アセットにエージェントソフトウェアをインストールすることによって機能します。各デバイスのハードウェアとソフトウェアはインベントリされ、中央データベースに格納されています。アプリケーションやアップデートはデバイスに配布され、ユーザーは適切なソフトウェアを使用して作業を行います。新しいコンピュータにはオペレーティングシステムが自動的にインストールされ、各デバイスの設定は会社のポリシーに対して追跡され、構成のずれを防ぐことができます。 SCCMの現在のバージョンは、大部分のシステム管理ソリューションであり、エンドユーザーにはほとんど見えないようになっています。しかし、時代が変わり、若い従業員は「デジタル・ネイティブ」であり、しばしば非常に技術に精通しているため、ITツールの管理が必要になります。

したがって、SCCM 2012は、ユーザーの関与と、管理者が資産を管理する際に「ユーザーが最初に」考えるようにすることで、新しいアプローチを採用しています。新しいコンセプトは、システムが自動的に(使用状況統計収集を通じて)コンピュータ/ラップトップ/スマートフォンを特定のユーザーにリンクさせるプライマリデバイスです。これにより、管理者はネイティブのWindowsプログラムとしてのソフトウェアをプライマリデバイスに配布するなどの操作を行うことができますが、ユーザーが他のユーザーのPCからソフトウェアにアクセスする場合は、アプリケーションのターミナルサービスバージョンへのリンクを提供するだけです。ユーザーは、プライマリデバイスの独自の勤務時間パターンを定義して、SCCM 2012でその間にアプリケーションをインストールまたは更新しないようにすることもできます。 Software Centerは、SCCM 2012との対話のユーザーの一部です。また、SilverlightベースのSoftware Catalog Webサイトでは、利用可能になったソフトウェアを参照してインストールできます。

新しいソフトウェアセンターは、SCCM 2012を管理するためのエンドユーザーのワンストップショップです。(Paul Schnackenburgのスクリーンショット)

パッケージを使用してデバイスにアプリケーションを送信する現在のモデルは、アプリケーションに基づいた新しい豊かなモデルによって強化されています。各アプリケーションは、スクリプトインストーラ、Windowsインストーラ、Microsoft Application Virtualization、またはWindows Mobile Cabinetの1つまたは複数の方法で展開できます。

1つのアプリケーション、複数の方法で展開できます。複数のパッケージよりもはるかに論理的です。 (Paul Schnackenburgのスクリーンショット)

ベータ2は、Remote Desktop AppとNokian Symbianモバイルアプリのサポートになるはずです。アプリケーションが必要な場合は、自動的にインストールされるか、または使用可能になります。その場合、ソフトウェアカタログから手動でインストールする必要があります。 SCCM 2007以前では、特定のアプリケーションが適切なデバイス/ユーザーをターゲットにしているかどうかを確認するために、複雑なクエリを作成するのにかなりの管理作業が必要でした。 SCCM 2012では、新しい要件ルールにより、シドニーのx64 Windows PCに2GB以上の空きディスク容量と1GB以上のRAMを搭載している場合にのみ、このアプリケーションをインストールすることが非常に簡単になります。

適切なルールを使用してアプリケーションを適切なマシンに向ける。 (Paul Schnackenburgのスクリーンショット)

オペレーティングシステム展開の大きな改善点は、サーバーに格納されているOSイメージをWindowsセキュリティ更新プログラムの対象とすることができ、展開時に最新のものになることです。

SCCM 2007のMMCベースのコンソールは、より大きな環境では遅いことが知られています。 SCCM 2012には、Outlookスタイルを採用したまったく新しいUIが付属しています。左下には資産とコンプライアンス、監視、ソフトウェアライブラリと管理のリンクを持つwunderbar(正式名称)があります。

単にwunderbarの新しいコンソール! (Paul Schnackenburgのスクリーンショット)

ほとんどすべてのタスクでウィザードを利用できるため、操作が簡単でナビゲートが容易です。

多くのSCCM 2007環境は、基になる製品の制限により、必要以上に複雑です。別の管理コントロール(たとえば、シドニーの管理者とブリスベンの管理者をそれぞれ1組ずつ持つ場合)は、別々のプライマリサイトが必要です。クライアントエージェントソフトウェアの設定を別々にする場合は、別のサイトを作成する必要があります。 SCCM 2012では、これらの問題が解決されており、複数のプライマリサイトを持つ唯一の理由は、スケールアウト(1つのサイト=約100,000台のデバイス)です。クライアントエージェントの設定はコレクションレベルで設定でき、セキュリティパーティションはロールベースアクセス制御(RBAC)によって管理されます。これらの改善により、サイト、サーバー、およびインフラストラクチャ全体が全体的に少なくてすみます。 1つ以上のプライマリサイトがある場合にのみ必要な新しいタイプのサイトである中央管理サイト(CAS)があります。 SCCM 2007のもう一つの問題は、ファイルベースのレプリケーションであり、SCCM 2012では、ほとんどのレプリケーションはSQLサーバーのレプリケーションによって処理されます。

SCCM 2012は64ビットのみで、配布ポイント(DP)以外のすべてについてWindows Server 2008/2008 R2およびSQL Server 2008 SP1以降が必要です。

製品が大幅に変更されたため、既存のSCCM 2007セットアップを直接アップグレードする方法はありません。幸い、マイクロソフトでは、製品に新しいSCCM 2012環境を並行してインストールし、古いものから新しいものに移行するためのツールを提供しています。移行ジョブは設定をコピーします。これらは、スケジュールされた時間に実行するように、または手動で開始するように設定できます。共存期間中、DPはSCCM 2007とSCCM 2012のクライアントの間で共有されます。

企業にまたがってアクセス要求の異なる多数の人々によって使用されるサーバーアプリケーションのセキュリティを制御することは難しい問題です。伝統的には、これは個々のオブジェクトに対するアクセス許可を設定し、オブジェクトへのアクセスレベルの異なるグループにユーザーを割り当てることによって処理されます。権限を設定する必要があるため、労力がかかるため、理想的でないセキュリティモデルになります。 SCCM 2012では、Exchange 2010の本から葉を取り除いて、代わりにアクセスのためのセキュリティスコープ(地理的または特定の管理タスク)とセキュリティロール(タスクのグループ化)を定義するRBACを採用しています。 2つの組み合わせは、ユーザーが実行できる操作と実行できるオブジェクトを制御します。ベータ1には13の組み込みロールがあり、簡単に独自のロールを定義できます。

あなたの会社に合ったSCCM 2012の運営を始める。 (Paul Schnackenburgのスクリーンショット)

新しいコンソールはRBACにアライメントされているため、特定のユーザーがアクセス権を持たないセクションがある場合でも表示されません。

スマートフォンが今日のIT世界で成長していることは間違いありません。 SCCM 2012の目標は、管理者が同じツールセットを使用してすべてのIT資産(デスクトップ、ラップトップ、スマートフォン、およびサーバー)を管理できるようにすることです。

ベータ1ではWindows Mobile 6 / 6.5がサポートされ、ベータ2ではNokia Symbianデバイスが追加されます。 Windows Phone 7、iPhone、AndroidにはExchange Active Syncを介した「軽い管理」のサポートが与えられますが、Microsoftはこれらのプラットフォームの管理サポートを全面的にサポートしています。

SCCM 2007では、DCM(Desired Configuration Management)という機能が追加され、管理者は設定ベースラインを定義し、クライアントまたはサーバーの設定が変更された場合にSCCMレポートを作成できます。しかし、設定がコンプライアンスから逸脱したときにSCCMに「修正」するように指示する簡単な方法はありませんでした。最後のマイルがSCCM 2012になり、設定が変更された場合に設定を戻すことができます(オプション)。

このベータ版で最も興味深い欠点は、PowerShellの欠如です.Microsoftの過去3年間のサーバー製品はすべてPowerShell上に構築されていますが、SCCM 2012はそうではないようです。

これはまだ早い段階のベータ版ですが、これは間違いなくSCの主力製品の大きな変革です。単純化された階層は、現在のSCCMビジネスとロールベースのセキュリティに訴求します。新しいコンソールとモバイル管理は管理者にアピールする必要があります。ユーザー中心の管理により、構成マネージャーは技術に精通したユーザーの勇敢な新しい世界に調和し、新しい柔軟なアプリケーション展開モデルは管理者とユーザーに魅力を与えます。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン