Ex-Olympusの幹部が不正スキャンダルを起訴

東京検察は、昨年10月に明らかになった17億ドルの会計詐欺に関連してオリンパスの元役員3人を告発した。

ロイター通信は、ロイター通信に対し、オリンパス代表取締役社長の菊川剛(前執行副社長森久)氏、元監査役山田秀夫氏は、2007年3月期および2008年3月期の財務諸表上の純資産を、金融商品と交換法。前銀行員の中川明夫、横尾信長、羽田拓も告発されたという。

この6人は先月、財務諸表の改ざんを主張して逮捕された。

昨年10月に元最高経営責任者(CEO)のマイケル・ウッドフォード(Michael Woodford)が同社の会計不祥事を公然と疑問を呈したときに会計捜査が浮上した。オリンパスは、1990年代以降、日本最大の企業スキャンダルで大規模な投資損失をカバーしたことを認め、昨年11月に菊川、森、山田が辞任した。

オリンパスは、水曜日の公式声明で、「東京地検による徹底的な訴追を受け、コーポレートガバナンス体制を強化するようあらゆる努力を続けていく」と述べた。

検察はまた、菊川、森、山田、中川を2009年3月、2010年、2011年3月期に虚偽の財務諸表を提出した疑いで取り戻したと指摘した。

この訴えで、オリンパスの経営幹部は最高10年の懲役または1,000万円(125,000米ドル)の罰金にさらされる可能性がある、と付け加えた。同社は、虚偽の会計処理のために120万ドルの罰金を科される可能性がある。

一方、オリンパス自身は、隠蔽に目立たない中で、不適切かつ過失のために元および現役員を訴えているという。

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する