個人データ保護法への準拠へのショートカットはありません

私たちはシンガポールの今後の個人情報保護法に関する様々な顧客との議論を続けてきましたが、1つのよくある質問は、法を遵守するための魔法の弾丸があるかどうかということです。

簡単な答えはないということです。

いくつかの人は、魔法の言葉やいくつかの句を草案することができ、それらは完了していると思います。他の人は彼らが話に出席でき、行為が完了したと思う。私はそれが簡単だったと思う。医学講義を聞いている咳から回復することはできません。同様に、セミナーに参加してコンプライアンスを確保することもできません。

この法律では、データ収集のさまざまな分野で標準を規定していますが、コンプライアンスがそれほど単純ではないいくつかの理由があります。誰もその仕事を過小評価しないようにしてください。

まず、ほとんどの組織はすでにデータを収集しており、その実践を実施しています。これらの慣行のそれぞれは、新しい法律に照らして検討する必要があります。コンプライアンスの問題と適用される免除がすべて発覚します。

第二に、大部分の組織、すでにデータを収集しており、法の施行前後で収集されたデータの処理が異なる場合があります。したがって、この演習では、いくつかのスコープとナビゲーションが必要です。私の記憶は、発見された米国のいくつかの訴訟に戻り、関係する銀行は情報が存在しないと言っても幸せだった。後でもっと多くのバックアップテープを備えた倉庫を見つけるだけだった。

第三に、遵守は常に進行中の練習です。効果的なコンプライアンスのためには、コンプライアンスが組織のDNAに組み込まれた生き方であることが求められます。そして、進化論が信じられるならば、各組織にこの能力を築くプロセスは、時間がかかります。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行