Lenovo、シンガポールでグローバル分析ハブを開始

中国のPC大手レノボは、進行中の大規模データイニシアチブの一環として、シンガポールに本拠を置くグローバルな分析ハブを設置している。

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

このハブは、オンラインとオフラインのデータを活用し、詳細な分析を実行してグローバルビジネスを推進する、とLenovoが発表した。

打ち上げの第1段階は2013年7月に完了する予定です。この段階では、Lenovoはハブのフレームワークを開発し、チームを構築します。また、マーケティングインテリジェンスやソーシャルメディアなどの機能チームもサポートします。

最終的に、このハブは、顧客サービス、製品開発、グローバルサプライチェーンなどのレノボの他の機能が洞察を得てサービスを向上させるのに役立ちます。

レノボのシンガポールの拡張は、シンガポールのDigital and Social Center of Excellence(DSCoE)の設立から2年後に始まります。その施設は、デジタルおよびソーシャルメディアの成長を活用して、グローバルなマーケティング活動を強化することを目指していました。

また、シンガポールを大規模なデータ、イニシアチブの先頭に立てるために、他の業界大手が同様の計画を進めています。

先週、Dell、Intel、Revolution Analyticsは、同国で大きなデータ革新センターを開設した。これは、アジア市場向けに、大規模なデータと予測的な分析革新に対するトレーニング、概念実証、ソリューション開発のサポートを提供することを目的としていました。

3月にはEMCであるBig Data Analytics Labをシンガポールに開設し、中小企業向けの中堅企業を対象としました。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任