InFocus LP130レビュー

固定投影設備が利用できない場所でプレゼンテーションを行うことがあなたの仕事であれば、今までの選択肢は限られていました。大画面ノートブックの周りにいる人は誰でも参加できますし、データプロジェクターを持ち歩くこともできます。明らかにプロジェクタを軽くするほど、トレードオフがあまりない限り、より良いプロジェクタを作ることができます。 InFocusのLP130などの新しい超ポータブル製品は、大型製品の機能性と画質をわずか1.33kgのパッケージにもたらしています。キャッチフレーズは、あなたはこの移植性のために支払わなければならないでしょう、LP130はかなりの4,475ポンド(元VAT)を要します。

LP130は、テキサス・インスツルメンツ社のデジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)チップをベースにしたデジタル・ライト・プロセッシング(DLP)技術を採用しています。 LP130のシングルチップDLPエンジンは、1,024×768ピクセル(1,280×1,024の補間をサポート)のネイティブ解像度を提供します。 DMDチップとその回転カラーホイールは、3パネルLCDエンジンよりもスペース効率のよい方法であるため、InFocusはLP130のサイズを15.9cm×21cmフットプリントに縮小することができました。紙のそれだけでなく、1,100 ANSIルーメンという印象的な評価を得て非常に明るい製品です。

これを達成するためにいくつかの犠牲がなされており、LP130にはより大きな兄弟の統合スピーカーが欠けています。しかし、接続性は損なわれていません。この製品は、標準VGAまたは専用デジタルケーブルのDVI-Iコネクタと、非PCビデオ機器を接続するためのコンポジットビデオポートを備えています。

お使いのPCにDVI準拠のグラフィックアダプタ(これはまだまれです)がある場合は、アナログビデオ信号をデジタル信号に変換する際に発生するキャリブレーションの問題を心配する必要はありません。ただし、VGA接続の場合、一部の画像のノイズを除去するために、自動較正の上に一定量の微調整が必​​要になることがあります。

これが達成されると、LP130の全体的な画質は非常に良好です。これはDLPベースの製品であるため、ミスコンバーゼンスは問題ではなく、画面全体で色の均一性が非常に均一です。私たちは、静的なスクリーンやテキストの輪郭に若干の波紋があることに気付きましたが、一般的な使用中にこれらを気付かれることはまずありません。

リアプロジェクションはサポートされていますが、スタティックインストールの方が便利ですが、LP130は最大20度のデジタルキーストン補正も備えています。後者は、レンズにある角度で表面に投影することを補正するために画像を調整することを可能にします。これは効果的ですが、画像からピクセルが削除されると、ある程度のディテールが失われます。

LP130について最も懸念されるのは、使用中に発生する熱です。これは、明るいUHPランプとプロジェクタのシャーシサイズの小さな副産物です。ファンは室内を冷やしておくために最善を尽くしていますが、LP130の表面は熱くなりすぎていくつかの場所でも触れることはできません。

つまり、LP130は、3メートル以上の広い投写距離(6.4m)で明るく鮮明な画像を提供し、製品のリモコンとトリミングはそのサイズと重量の2倍になります。あなたが多くの動きをしているなら、この製品はラップトップで3〜4キロのモンスターの体重を減らすことができます。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン