マイクロソフト、Windows XPアンチマルウェアアップデートを1年延長

マイクロソフトは、2015年4月15日までWindows XP上で自社製品のマルウェア対策シグネチャを提供し続けると発表しました。

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

10月にマイクロソフトはウェブサイトに、「2014年4月8日のサポート終了日のXP終了後に、マルウェア対策の署名とエンジンの更新を保証しないことになる」と語った”同社は今年4月にウイルス対策の署名を終了すると主張しているが、マイクロソフトはこれについて実際には言及していない。

[更新:マイクロソフトはセキュリティエッセンシャルのアップデートを1年間提供しますが、今年4月以降はプログラムをダウンロードしてインストールすることができなくなります。

Microsoft Security Essentialsは4月以降も引き続き更新される予定ですが、マイクロソフトおよび専門家によれば、セキュリティ更新プログラムを入手できるサポート対象のオペレーティングシステムに移行することをお勧めします。 XPを継続して使用するユーザーには、多くのサードパーティのマルウェア対策製品のオプションもあります。ほとんどすべてがXPで少なくとも1年間は更新を受け続けます。

今日のマイクロソフトの発表によれば、更新されたマルウェア対策製品よりもシステムを安全に保つことがずっとあります。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン