IntelはQ2の結果が混在する

インテルは水曜日に第2四半期の業績を発表し、収入135億ドルで59セントのシェアを達成した。

ウォール街は収入135億5000万ドルで1株当たり53セントの利益を探していた。

主要事業部門全体の売上高は、データセンター・グループおよびIoT(Internet of Things)グループ(将来を見通す2つの分野)を含む比較的弱いものでした。データセンターグループの収益は40億ドルで、前年同期比で1%増、前年比で5%増でした。インテルのIoTグループは、前年同期比12%減の5億7,200万ドルで、前年同期比2%増の5億7,200万ドルとなりました。

クライアントコンピューティング部門の売上高は73億ドルで、前年同期比3%減、前年同期比で3%減でした。 PC市場の下向きの軌道が続いていることを考えると、驚くべきことではありません。インテルはPCビジネスへの依存度を減らそうとしていますが、クライアントコンピューティンググループは依然として重要です。

「PC市場には依然として注意を払っていますが、データセンターの強みである「もののインターネット」とプログラマブルソリューションを基盤に構築された2016年の成長を予測しています」とCEOのBrian Krzanichは声明で述べています。

水曜日に開催されたカンファレンスコールで、KrzanichはIoTが「我々の期待を下回っている」ことを認め、これを「非常に強い第1四半期後の在庫量」に帰した。第1四半期には、インテルのIoTの売上高は前年同期比22%増でした。

Krzanich氏は、準備した声明のなかで、インテルの事業再編計画は「実績があり、後半に向けて勢いを増している」と述べた。

前四半期、インテルは、データセンターやIoTなどの分野に注力する努力の一環として、12,000の雇用削減を発表しました。

Q2の市場予想を上回るDellのテクノロジー、Salesforce Q2の見積もりを上回る見込み、Q3ガイダンスの軽視、Pure FlashのQ2見積もり、売上高の大幅増、Splunk、Autodesk、Brocadeの堅調な四半期報告、 HPのQ3は見通しを上回っているが、PC、プリンタの不調は続き、WorkdayはQ2の四半期売上高を記録している

インテルは、第3四半期および通年では1桁中盤の売上高が144億ドルから154億ドルに達すると予測している。

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ