レノボ:企業の需要は依然として弱い;中国は明るいスポット

Lenovoは、第1四半期の純損失を報告しました。企業の支出が弱いため、収入は18%減少しました。

第1四半期の中国における売上高は17億ドルで、全体の48%を占めました。レノボの市場シェアは28.6%で、成熟市場の売上高は13億ドルで、第1四半期の38%であり、新興市場の売上高は4億7,400万ドルでした。 Lenovoは、中南米、ロシア、トルコを主要国に掲げていると語った。同社は、これらの市場でより多くの消費者になる必要があると付け加えました;ノートブックコンピュータはLenovoの売上の64%です。

同社は第1四半期に3500万ドルの収益で1600万ドル(1株当たり18セント)の純損失を計上した。商用市場に拘束されているレノボは、コスト削減のために再編されている。さらに、Lenovoは引き続き2社の話をしています。同社は中国をリードし、PCを田舎に広げ、3Gモバイル採用を活用しています。しかし、Lenovoは米国や欧州など成熟した市場で苦戦しています。

LenovoのYang Yuanqing最高経営責任者(CEO)は、「中国におけるリーダーシップの拡大を継続し、成熟した市場における収益力の回復に努め、新興市場と取引空間でのチャンスをつかむ」と述べた。

見通しについては、第2四半期にはエンタープライズの支出は依然として弱いと予測しているが、収益性を回復するためには引き続きコストを削減するとしている。

数字で

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

Lenovo、Microsoft OfficeとSkypeでAndroidを盛り上げる

?レノボは、1Q17の6%の減収

Moto Z Force Droidエディションレビュー:飛散防止表示、バッテリー持続、機能モジュール設計

ハードウェア、レノボは、Microsoft OfficeとSkype、PCでAndroidを盛り上げる?Lenovoは1月17日の売上減の6%、モビリティ、Moto Z Force Droidエディションレビュー:Shatterproofディスプレイ、バッテリー持続時間、機能モジュール設計