日本は言語入力ソフトウェアのセキュリティリスクを警告

ブルームバーグによると、日本政府は、セキュリティ漏洩の可能性があるため機密文書を作成する際に、言語入力ソフトウェアを避けるよう各省に警告している。

電話会社は、シドニー・モーニング・ヘラルドによると、地元とオーストラリアの情報機関がシンガポールとパース間のインターネットトラフィックを運ぶ主要な海底ケーブルであるSEA-ME-WE-3の通信を利用するのを手伝っている。

そのようなプログラムは、海外のサーバーにその執筆の記録を送ることができると、日本の国家情報セキュリティセンター(NISC)は述べている。中国のBaidu、Google、Microsoftなどが作ったこのようなソフトウェアは、英語のキーボードで日本語の文字を発音させることができる。

これまで、日本の外務省は、東京本社の5台のPCからBaidu製のソフトウェアを削除したという。東山眞代表は、ブルームバーグに語った。代わりに東京のジャストシステムとマイクロソフトのプログラムを使用している、と同省は述べた。

米国のPRISMプログラムに関するスノーデンの告発を受けて、アジアの政府による通信セキュリティに対する懸念が高まっている。これには、電子メールサービス、GoogleやYahooなどの米国のサービスプロバイダー、インドとの使用、禁止、政府職員の使用のレビューなどが含まれます。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressは重要なセキュリティホールを修正するために今更新するようユーザーに促す、セキュリティー、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命