マイクロソフト、Revolution Analyticsの買収を確定

4月6日、マイクロソフトは、統計コンピューティングと予測分析のためのRプログラミング言語のディストリビューションであるRevolution Analyticsの買収を完了したと発表しました。

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

マイクロソフトは当初、開示されていない金額で2015年1月にRevolution Analyticsを買収する計画を発表しました。当時、マイクロソフトの関係者は、社内、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドなどのデータプラットフォーム製品にRとRevolutionのテクノロジを組み込む予定であると述べました。

Microsoftは情報管理と機械学習担当バイスプレジデントのJoseph Sirosh氏に、RをSQL Serverに組み込み、データセンター、Azureまたはハイブリッド構成で展開できるようにすると述べている。マイクロソフト社はまた、RevolutionのRディストリビューションをAzure HDInsightとAzure Machine Learningに統合し、大きなデータをより簡単に分析できるようになると同氏は述べている。

Microsoftの関係者は、R、Revolutionのオープンソースプロジェクトのオープンソースの進化、Linux、Teradata、Hadoopなどの複数のプラットフォームにまたがるRevolutionのRの商用ディストリビューションのサポートにコミットしていることを今日改めて表明した。

人々はしばしば大きなデータのボリューム面にぶら下がってしまいますが、他の要因はビジネスのために提起した問題のように言えるでしょう。

Revolution Rの顧客には、銀行、金融サービス機関、製薬会社、金融機関などが含まれており、大規模なデータウェアハウスやHadoopシステムで機能し、エンタープライズシステムと統合できるRベースの分析ソリューションを開発し、コンサルティング会社、製造・技術企業

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任