マイクロソフト、Office for iPadの最初のメジャーアップデートをリリース

マイクロソフトは本日、iPad用のOfficeスイートの最初のメジャーアップデートをリリースした。バージョン1.1とラベル付けされたWord、Excel、PowerPointは、スイートがリリースされてから2014年3月27日に広く要求されたいくつかの新機能をそれぞれ受け取りました。ここでは人気のあるiPadアプリのバージョン1.1

PDFを送信する:尋ねた、聞いた。 Flick to Select:任意の方向にセルの選択ハンドルをフリックすると、行や列のすべてのデータをすばやく簡単に選択できます;外部キーボードのサポート:外部キーボードの使用はさらに簡単です。ピボットテーブル:同じワークブック内にソースデータを持つピボットテーブルと対話する;印刷オプション:より多くの用紙サイズとスケーリングオプションを使用すると、より多くの制御が可能になります写真ツール:写真の右部分に焦点を合わせる、または変更を取り消すためにリセットする;フォント:フォントメニューでサードパーティフォントを使用できるようになりました。

Word for iPad(バージョン1.1)

•PDFを送信する:聞いた、聞いた。 WordファイルをPDF形式で送信することができます。•画像ツール:写真の右部分だけをトリミングするか、変更を取り消すためにリセットします。•フォント:サードパーティフォントがフォントメニューで使用できるようになりました。

Excel for iPad(バージョン1.1)が追加されました

PowerPoint for iPad(バージョン1.1)が追加されました

Microsoft Word、Excel、およびPowerPoint for iPadでは、無料で文書を開いたり読むことができます。編集するには有料のOffice 365サブスクリプションが必要です。

これらのiPhoneとiPadはすべて9月13日に廃盤​​になります

T-Mobileの無料iPhone 7の特典には、初期費用と多くの忍耐が必要です

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

Presenter View:スピーカーノートの表示と編集、次のスライドの参照、プレゼンテーション中の他のスライドへのジャンプ、再生メディア:プレゼンテーション中のビデオ、サウンドエフェクト、BGMの再生、ビデオの挿入:カメラロールからのビデオの挿入。プレゼンターツール:プレゼンテーションでハイライトや図面を消去できるようになりました; PDFを送信する:PowerPointファイルをPDFとして送信する;ハイパーリンク:プレゼンテーションツールを使用して、プレゼンテーションへのリンクを追加するか既存のフォントを編集する;フォント:フォントメニューでサードパーティのフォントを使用できるようになりました。

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません

アップル、これらのiPhoneとiPadsは9月13日に時代遅れになるでしょう;モビリティ、T-Mobileの無料iPhone 7の提供には、先行コストと多くの忍耐が必要です;モビリティ; 400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhoneは、耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていない