インドITは成長重視の予算を要求

インドのIT-ITES(ITおよびIT対応サービス)業界は、ソフトウェアテクノロジーパークのための税金控除が残ることを望んでおり、政府は今後の国家予算の全体的な税負担を軽減することを期待している。

IT業界は、2月28日にプラナブ・ムケルジー財務相が予算案を発表した際に、インドのソフト・テクノロジー・パーク(STPI)制度の税制優遇措置をさらに拡大することを望んでいる。

PatniのCFOであるSurjeet Singh氏は、「政府は中小企業の成長を促進するために、1年または2年の税制優遇措置を延長するよう政府に要請する」と述べた。

2011年3月に期限が切れる予定のSTPI制度では、所得税法のセクション10Aおよび10Bに基づく企業に対して免税が提供されています。このスキームは、千年紀の転換期にドットコムブームの全盛期に開始され、2009年3月に期限切れになる予定であったため、2回延長されました。

BPOサービスプロバイダのInteletet Global ServicesのCFOであるRam Panickerは、「フィリピンのような他のBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)のすべての目的地には休暇があります。

パキッカー氏は、アジアのウェブサイトに電子メールで「利益が拡大しなければ、競争上の不利な立場にある」と指摘した。

2005年には、国際的に競争力があり、手間のかからない輸出環境を提供することを目的として、特別経済区(SEZ)法が発効した。 SEZは、「貿易業務および関税および関税の目的で、特別に免税された免税区域であり、外国領域とみなされる(関税管轄外)」と定義される。いくつかの大規模なIT企業は税務上の利益を得るためにSEZに施設を建設した。

投資を誘致するための特別ゾーン内のユニットに提供される利益連動型インセンティブおよびファシリティは、最初の5年間の輸出収入に対する100%の所得税免除、その後の5年間の50パーセント、および耕作後の輸出の50パーセント今後5年間の利益。

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム

中小企業は最悪の打撃を受けている; STPI免除は昨年の連合予算では扱われておらず、業界の選手たちは今年は十分に対処されることを望んでいる。

税制上の優遇措置が延長されない場合、インドのIT-ITES企業は完全な税金を支払わなければならない。 「既存の利益率を維持するためには、金利を3〜7%上昇させる必要がある」とPanicker氏は指摘する。

免税は全てのIT-ITES企業に影響を及ぼしますが、税制上の優遇措置が数年以上継続するSEZに新施設の大半を建設しているため、IT企業の規模はそれほど大きくなりません。

財務省は、3月31日以降、STPI制度による税金控除が延長されることはないと断言しているが、業界は4月の新しい直接税コードの開始に伴い、 2012年1月1日

Symphony Servicesのエグゼクティブバイスプレジデント兼CFOであるPradeep Chaudhryは、「免除が少なくとも1年間延長されることを願っています。そうしないと、SEZに新しいユニットを設置できなかった中小企業は、選手 ”

しかし、Gartnerの主要研究アナリスト、Arup Roy氏は、インドのITには免税税がさらに必要だとは考えていない。 「税金やその他の騒ぎでは、インドのIT産業は今や自らの勢いを発達させ、それ自体で支えられていると思う。

起業家精神を高めるために、ロイは政府が特定の「階層」の企業に対して免除を提供すべきだと提案した。

「最下位層に入る者は、税金やその他の利益を享受できるはずだ」とアナリストは説明した。例えば、小規模のプロバイダーがインドの電子政府プロジェクトに参加できるようにするには、小規模のプロバイダーが入札するために一定の割合の仕事(例えば25%)を確保する必要があると付け加えた。

報道によると、2011年3月の期限を過ぎると、STPI制度は変更された形で維持される可能性が高い。政府のIT部門(DIT)は、税務上の便益が利益の代わりに投資に結びつくSTPIの変種を策定するために、財務省と協力している。

インドはコスト裁定をやめていますか?ここ数年、インドのコールセンターは、米国の海軍基地を持ち、したがってインドより文化的に米国に近いフィリピンに事業を失っています。

ですから、インドはコスト優位性を急速に失っていますか? 「はい、それは大きな懸念事項です」と、副社長兼CSSのITサービスプロバイダーであるコーポレートマーケティング&コミュニケーション部門責任者、Jayan Narayananは述べています。

「インドは費用裁定のみを目的とした優先取引地から離脱したが、この要因は無視できない」とナラヤナン氏は付け加えた。

しかしパニックは、「インドはバリューチェーンを上げており、グローバルな顧客にとってより良い価値を提供することができます。これは人件費のインフレを吸収するのに役立ちます」

しかし、彼は、政府が競争国と同等の税制を維持しなければならないと感じた。 「政府は今後数年間で我々の競争力を維持できるように教育に投資すべきだ」と彼は付け加えた。

TAKE SolutionsのS. Sridharan局長は、次のように述べています。「IT業界は継続的に革新を続けており、コスト・アービトラージ・ベースのビジネス・モデルを超えて取り組んでいます。

しかし、Sridharanは、コストを抑え、才能の安定供給を確保するという課題に直面していると指摘しました。

全体的な税負担を軽減する;市場の選手はまた、政府が業界全体の税負担を軽減することを望んでいる。

業界はすでに、キャッシュフローに影響を及ぼしているほぼ20%を占める最低代替税、MATを支払っています。 Sapientのインド担当マネージングディレクター、Karandeep Singh氏は、「MATレートは2009-10会計年度の場合と同様に15%に戻す必要があります。

シスコシステムズインドとSAARCの社長兼カントリーマネージャーのNaresh Wadhwa氏は次のように述べています。「課税の簡素化や新規プロジェクトの赤字削減などの施策は、業界の成長を著しく促進するでしょう。

TAKEのSridharan氏は次のように述べています。「消費者はソフトウェア製品の付加価値税とサービス税の両方を支払うよう求められています。

「この問題は何年もの間続いており、取り組む必要がある」と彼は主張した。

スワティ・プラサドは、インドに拠点を置くフリー・ランスITライターです。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する