LINEは漫画アプリで電子書籍のビズに入ります

モバイルチャットプラットフォームLINEは、アプリ提供マンガで日本の電子書籍ビジネスに参入しています。

ソーシャルエンタープライズ、LinkedInは新しいブログプラットフォーム、CXO、CIOに影響を与えるのは誰ですか?ここでは上位20社、アップル、アップルの立ち上げに対するTwitterの反応、ソーシャルエンタープライズ、マイクロインパクトのある人たちが、新しいレポートに従ってブランドがソーシャルマーケティングを行う方法を変えている

LINE Mangaと呼ばれるこのアプリは、iOSとAndroidの両方で日本市場向けに開始されたと、ニュースサイトSd Japanと述べた。集英社・小学館・講談社などの大手出版社は既に3万冊以上のコミックを提供しており、その多くはユーザーが最初の10ページを無料で読むことを可能にしている;電子書籍はLINEの通貨LINE Coinを使って購入することができる。 LINE MangaはコアLINEメッセージングプラットフォームにリンクされているため、ユーザーはタイムライン上で自分の好きな漫画を共有することができます。また、LINE Mangaは、 Sd Japanが加わりました。 AmazonのKindle Paperwhiteと楽天のKoboのeリーダーの日本市場への参加が予定されている。

LINEチャットプラットフォームは、当初、2011年の日本の地震、その国の通信システムの破損の後、ユーザーがWeb上で電話をかけたりメッセージを送信したりするために開発されました。 2011年6月のリリース以来、このアプリはゲームや割引クーポンなどの機能を含むように進化しました。

現在、全世界で1億3000万人のLINEユーザーがおり、登録ユーザー数は4,500万人、タイと台湾では2番目と3番目のユーザー数はそれぞれ1,700万人と1,500万人です。先週、Simeon Cho、 NHNコーポレーションのLINEビジネスオフィスは、同社がターゲットとしているウェブサイトに、シンガポールでは300万件のダウンロードを、1年以内には、このアプローチの鍵は、ユーティリティをユーティリティライフスタイルの代わりに「ライフスタイル」アプリとして位置付けることでした。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

Appleの立ち上げに対するTwitterの反応

マイクロインフルエンサーは、新しいレポートに従ってブランドがソーシャルマーケティングを行う方法を変えています