Microsoft System Center Essentials 2010 Beta 1 Review

中規模企業のITプロフェッショナルは、独自の課題に直面しています。彼らはしばしば単独で、あるいは非常に小さなチームであり、 “それは他人の部署だ”と言う贅沢を持たず、IT関連のすべてをしなければならない。プリンタドライバのインストール、Exchangeのトラブルシューティング、およびすべてのコンピュータに最新のパッチが適用されていることを確認する作業は、すべて1日で完了します。

当然、ITタスクを自動化および簡素化するツールを探しますが、CA Unicenter、IBM Tivoli、Microsoft System Center Operations Manager(SCOM)/ Configuration Manager(SCCM)などのパッケージは、特定のハードウェアと高度な専門知識を必要とするエンタープライズレベルのアプリケーションですメンテナンス。もう1つの特定のタスク、たとえばSpiceworksを使用したソフトウェア/ハードウェアインベントリを自動化する低コストのソリューションがこのスケールのもう一つの目的です。理想的なソリューションは、大きなものはすべてカバーするものの、ITの一般観衆のためにパッケージ化したものです。その製品は、Microsoft System Center Essentials(SCE)です。現在は、3回目の再生のためにベータテストされています:2010年版。

SCEは、最大50台のサーバと500台のクライアントコンピュータを備えた組織向けに設計されており、ハードウェアとソフトウェアのインベントリ、監視、ソフトウェア展開、パッチ管理、(2010年新設の)仮想化管理、これらの機能はすべて、直感的なインターフェイスで単一のコンソールに組み込まれています。

すべてのサーバー、ネットワークデバイス、クライアントコンピュータを監視するための「1枚のガラス」(クレジット:Paul Schnackenburg)

インストールは非常に簡単で、詳細なウィザードを手元に置いてください。サーバーには少なくとも4GBのRAMが必要です。

SCEのさまざまな部分を複数のサーバーに分散することができます。(提供:Paul Schnackenburg)

SCEの監視機能の中核には、特定の製品のためのルールとスクリプトのセットである管理パック(MP)があります。これは、アプリケーションがどのように動作するべきか、そうでないときに何をすべきかの「知識」をキャプチャします。すべてのMicrosoftサーバー製品には、プログラム自体を担当する製品チームによって作成された対応するMPがあります。デルやHPのハードウェア、シスコのネットワークデバイス、BlackBerryなどのアプリケーション、Linuxなどの他のオペレーティングシステムなど、多くのサードパーティのMPも利用可能です。これらのMPは、SCEのより大きな兄弟 – Operations Manager – 用に作成されますが、SCEでは正常に動作します。 2010年の新機能は、MPがSCOMに比べてSCEにインストールされている場合、アラート数である「チャットネス」が自動的に約50%低下することです。

このレベルでモニタリングを経験したことがないなら、それは最終的な早期警告システムです。監視なしでは、通常、最初にあなたが問題を聞くのは、ユーザーが苦情で電話するときです。監視することで、これまでにもアラートが生成されるため、サービス停止になる前に軽度の問題を修正することができます。 MPの「ベストプラクティス」をキャプチャすることで、深い製品知識が分かりやすく表示され、ITサポートをリアクティブからプロアクティブに変えることができます。

目を覚ます!サーバーの1つで何か問題があります。(クレジット:Paul Schnackenburg)

SCE 2007は、ほとんどの中規模ビジネスのインストールされたOS、サービス、アプリケーションの大半をカバーすると仮定して約70MPをインストールしました。追加のMPを手動でインストールするオプションもあります。 SCE 2010では、いくつかのコアMPをインストールし、特定の環境のインベントリを調べ、それらのアプリケーションやプラットフォームに必要なMPだけを差し込むという、異なるアプローチを採用しています。後で別のサーバまたはアプリケーションを追加すると、SCEは必要なMPをインストールするように指示します。

詳細なハードウェアおよびソフトウェアのインベントリは、SCE 2010の多くの機能の1つに過ぎません。(提供:Paul Schnackenburg)

新しいクライアントコンピュータまたはサーバーを環境に追加すると、SCEはこれらを検出し、エージェントをインストールして自動的に管理します。 SCE 2010の新機能は、新しいコンピュータが特定の特性に基づいて適切なグループに自動的に配置され、インスタンスを作成し、モデル化する動的グループを作成する機能です。 SCEコンソールは、リモートアクセスのために複数のクライアントワークステーションにインストールすることができます。オフィス外にいる場合、SCEは電子メール/ IMを送信したり、関連するアラートをSMSに送信したりすることができます。

オフィスにいない?問題はありません – SCEでは、どこにいても問題について知ることができます。 (クレジット:Paul Schnackenburg)

予定されたサーバーの停止により不要なアラートが生成されないようにするには、新しいメンテナンスモード機能を使用して、オブジェクトに関連する警告を一時的に停止します。

あなたの環境に何百ものクライアントコンピュータがあり、ユーザーが自分の仕事を行うための適切なソフトウェアを持っていることを確認することは重要な作業です。各マシンで手動でインストールを開始する伝統的な方法は、数台のPCを超えて拡張できないため、集中化されたソリューションが必要です。 SCE 2007は、関連するクライアントコンピュータに割り当てるMSIインストールファイルに基づいてパッケージを作成できます。多くのセットアッププログラムは、「exe」の亜種にのみ含まれています。幸いにも、SCE 2010はこれらからパッケージを作成することをサポートしています。サポート対象のOSとアーキテクチャを定義する必要があるため、手作業がもう少しありますが、この機能により、SCEが必要なすべてのソフトウェアを展開する能力が大幅に向上します。

パッチ管理は、マイクロソフトの無償パッチ管理製品であるWindows Server Update Services(WSUS)の上に構築されていますが、SCE 2010にはいくつかの鐘や笛があります。利用可能なアップデートの全カタログをダウンロードするのではなく、SCE 2010は自分の環境で使用されているものを調べ、必要なものだけを取得します。 WSUSのもう1つの問題は、データベースのサイズが時間の経過とともに大きくなることです。SCE 2010では、旧バージョンまたは置き換えられた更新プログラムの「クリーンアップ」をスケジューリングする素晴らしいウィザードが追加されています。 SCEはマイクロソフトの製品をアップデートするだけでなく、サードパーティ製のカタログがいくつかあります。独自のカタログも用意されています。

サーバーアプリケーションの場合、「作成」タブが追加され、興味深い機能が提供されます。エンドユーザー(および上司)はSQL ServerやExchange Serverを気にせず、仕事をすることができるよう配慮しています。この新しいツールセットを使用すると、特定のサービスを構成するすべてのサーバーとアプリケーションを、管理と監視のための1つのオブジェクトにモデル化できます。

エンドツーエンドのサービス監視機能を使用すると、アプリケーションの一部に問題が発生していることを知ることができます。 (クレジット:Paul Schnackenburg)

SCEの大きなKahunaは間違いなく仮想化サポートの追加です。本質的にSystem Center Virtual Machine Manager(SCVMM)の規模を縮小し統合したバージョンで、ホスト管理、インテリジェント配置、物理から仮想への変換(P2V)が追加されています。 Microsoft Virtual Server 2005を搭載したWindows Server 2003とHyper-Vを搭載したWindows Server 2008/2008 R2の両方がサポートされています。サーバーを仮想化ホストとして指定し、対応するプラットフォームがインストールされていない場合は、自動的に追加されます。

1つ以上のホストサーバーが稼働したら、次のステップは既存の物理サーバーを使用して、それらを仮想マシンに変換することです。 SCEは、仮想世界に変換するための優れた候補者を特定することによって役立ちます。シンプルなウィザードは候補サーバーに関する情報を収集し、小さなエージェントをインストールしてプロセスを進めます。その後、物理マシンをオフにしてVMを起動するだけで、違いがないことに気付くはずです。ウィザードは堅牢で使いやすいため、複雑な作業を簡単に行うことができます。

いったんVMを取得すると、次の質問はそれらを格納するサーバーになります。インテリジェント配置は、ホストとVMの両方からのパフォーマンスデータを考慮して、VMを配置する最適なホストを推奨します。

SCVMのSCE実装では、VMWareのVirtualCenter / VSphereの管理が欠けているので、必要な場合は、完全なSCVMMを追加する必要があります。

VMの一部または全部をVMとして稼働させると、SCE 2010は物理的な世界と仮想的な世界の管理方法を区別しません。すべて同じです。

パフォーマンスとリソースの最適化(PRO)は、SCOMが環境にインストールされている場合にSCVMMで点灯する機能です。 VMのポリシーベースの制御が可能になります。たとえば、Webサイトが通常よりも高いトラフィックを受信して​​いる場合、追加のWebサーバーVMを自動的に起動できます。 PROはSCE 2010の最新ベータ版ではありませんが、中堅企業の「ダイナミックデータセンター」のコンセプトになるリリース候補に登場するようです。

SCE 2010は、中規模ビジネスにおける包括的なIT管理の重要な基盤です。このカテゴリーに属し、ITを通じたビジネス価値の付加よりも多くの時間を費やしている場合は、この非常に包括的で使いやすいソリューションを検討する必要があります。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン