Gartner、AIIAをgovt IPで処理する

ガートナーの一流シニアアナリストの1人は、技術業界のピーク代表グループに、強く言い渡されたブログ記事で、知的財産権を放棄している政府の「誤解を招く」、「非論理的」または「間違った」立場に取り組むように、知的財産権)を購入することができます。

数週間前、NSW州政府は、サプライヤーが州のために仕事をしている間に作成された知的財産権を保持するようになる重要な変更を含め、来年初めに改訂されたIT調達の枠組みを解放する計画を発表しました。そうすることで、NSWは連邦政府とビクトリア州政府との間でこの問題を解決しました。

マイクロソフトやIBMなどの巨人を代表するオーストラリアの情報産業協会(AIIA)と、より小さなオーストラリア企業が、改革された枠組みに関する交渉で主導的役割を果たしました。

しかし、昨日出版されたブログ記事では、ガートナーの副社長のブライアン・プレンティスが、AIIAのこの問題へのアプローチを暴くことになった。 PrenticeはNSWの決定に欠陥があると述べた。

「これは悪い政策であり、市民の利益にとらわれず、地方のIT業界全体に役立つものではない」と同氏は書いている。

Prentice氏は、AIIAの宣言はオーストラリアのICT業界をリードし代表するものであったが、そのボードは実際にはほぼ「Intel、Google、Microsoft、EMC、CSCのような大規模な多国籍企業」で構成されていたと指摘した。 Prenticeは、ボード上の個人の完全性は「非難するものではありませんでした」としていますが、業界のロビー団体の役割はメンバーの最善の利益を擁護することでした。

悲しいことに、「アナリストはAIIAについて付け加えました」というのは、新しく作成されたアイテムで知的財産を所有しようとする顧客に関連する問題の診断は誤解を招き、非論理的で、間違っています。

IPの変化に対するPrenticeオブジェクト。例えば、IPは、サプライヤーが競争を抑制し、強化しないためにしばしば使用されると主張している。それでは、IPは必ずしもそれ自体の供給者によってさらに開発されるとは限りません。それは、それ以上の政府契約によってのみ開発されるかもしれません。

しかし、議論の中心は、政府がIPを放棄しているという考え方である。 「AIIAは、知的財産権の顧客保持がIT業界を実質的に制約しているところを、事実と数字で正確に実証してもらえますか?」と彼は尋ねました。

AIIAは、Prenticeのポストに応答するように招待されました。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ブラジルのパラリンピックは技術革新の恩恵を受ける

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性