マレーシアの2009年度予算

クアラルンプール – 国の2009年の予算は、市場のプレーヤーたちによると、地元の情報通信技術(ICT)産業を推進するために必要なインセンティブが不十分であり、重視されていない。

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム

マレーシア政府は先週、新たな予算を発表し、市民がより厳しい経済環境に対処するためのいくつかの措置を概説した。

しかし、ICTセクターの一部の業界関係者は、今年の予算でICTに重点を置いていないとのことに、前年と比べて失望感を表明した。

アブドラ・アフマド・バダウィ首相は、金曜日に開催された議会での演説で、ICTに軽く触れたが、ICTの省庁やプロジェクトに資金を特に配分しなかったいくつかのイニシアチブを概説した。

注目すべきいくつかのイニシアチブには、現在の2年間から1年以内に処理される、ICT機器の取得に要した費用に関するAccelerated Capital Allowance(ACA)の請求を可能にする提案が含まれる。

その他の重要なイニシアチブには、高等教育機関における教育の質を向上させるための141億リンギ(42億米ドル)の配分、ベンチャーキャピタル企業の資金の少なくとも30%を新興企業に投資するための5年間の免税が含まれる。

2009年の予算はまた、クリエイティブ産業分野に携わる者を含む民間パートナーシッププロジェクトの実施に資金を提供するために、戦略的投資基金の下で約3億リンギット(8880万ドル)を計上した。

対照的に、昨年の予算で提示されているように、ICTセクターに直接関連する様々な資金と研究機関に10億リンギ(2億9,590万米ドル)以上が割り当てられた。輸入関税および消費税の免除は、ブロードバンド機器および消費者アクセス機器にも適用された。

コンピュータ・マルチメディア産業協会(Pikom)は2009年度予算が「人にやさしい」ものであったが、「ICT産業の発展と成長に限られたインセンティブ」を提供したと付け加えた。

ピコム会長のデイビッド・ウォン会長は、メディア声明で、同協会はICA費用に対するACAの1年間のクレーム提案を歓迎しているが、予算2009はICT業界のニーズへの対応には不十分だと述べた。

Wong氏によると、この予算は質の高い人的資本の開発に重要な推進力を与えているが、ICT業界に特化したインセンティブはない」と述べている。積極的かつ決定的に対処されていない限り、競争優位性の侵食につながります。

同氏はまた、政府がこの市場を成長の領域として活用しようとしているにもかかわらず、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)を促進するための具体的な提案は何もないと指摘した。

日立データシステムズ(HDS)マレーシアのマネージング・ディレクター、ジョンソン・クー氏は、知識経済の主要参加者であることを踏まえ、HDSは「2009年度の予算はICTをドライバーとして重視していなかったことに失望している国の経済成長のために」

Khooは声明のなかで、政府がICT投資を増やすための努力とインセンティブを倍増させることが極めて重要だと述べた。

インテルは、ICTの重要性をさらに高めたいと考えていました。ICTは、マレーシアの世界経済における競争力を高める鍵となる要因であると考えています。

インテルのマレーシアのセールスマーケティング担当責任者、Ryaz Patel氏は、メディア声明で、ブロードバンド機器や消費者アクセス機器に対する輸入関税の撤廃や消費税の免除など、インフラストラクチャーコストを削減するためのさらなるインセンティブを期待していた」と語った。このような動きは、全国のブロードバンド展開を加速し、より大きなPCへの普及を促進し、デジタル格差を狭めるでしょう。

リトル・トゥー・チアー;起業家精神を専門とするシニア業界のエグゼクティブによれば、大学院の研究に対するインセンティブと創造的なコンテンツへの集中的な努力と資金を除けば、新しい予算はほとんど祝うことができません。

政府が取り組むことができたものの、できなかった障害がたくさんあります」と彼はウェブサイトに匿名の状態でアジアに語った。

例えば、「Buy Malaysia First」の取り組みにより、ある程度のICTプロジェクトを地元のソフトウェア開発者に約束することで、地元の市場アクセスを拡大することができます。

また、政府関連企業(GLCs)を活用して海外市場へのアクセスを拡大し、シード資金のギャップを埋めるための商業化助成金を提供するなど、取り組まれていた可能性があると指摘した。

代わりに、予算は、生産性を向上させるためのICTの利用と普及に焦点を当て、地方のICT産業の成長を支援する政府の関心の欠如を示したと指摘した。

私は政府のICT業界への深刻さと継続的な支持に疑問を呈します。彼らが心を変えてターンをしたいと思ったら、これを明確にして、人々に推測されないようにするべきです。

マレーシアのTechnopreneur Association(TeAM)のRenuka Sena副会長は、新しいICT起業家のベンチャーを構築することに焦点を当てたイニシアチブを強調したが、商業化資金が不十分であると指摘した。

セナ氏は、早期段階の企業に資金を提供しているベンチャーキャピタルはほとんどないため、存在する資金のギャップは非常に大きい」とEメールのインタビューで述べている。

Ventura Partnersのシーズン起業家であり、プリンシパルのV. Sivapalanは、予算は知識経済の発展に特有のものではないとも付け加えた。

ICTを利用しているICT企業や企業には何のメリットもなかった」とSivapalanはアジアのウェブサイトに電子メールで語った。「マルチメディア開発公社(MDeC)、政府機関、Biotech Corp、R&D (研究開発)助成金、ICTセクターの教育に関するものはない。

Edwin Yappは、マレーシアに拠点を置くフリーランスITライターです。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する