マイクロソフト、メモリ内のデータベース技術をSQL Serverに移行

SQL Server 2012の立ち上げからほんの数ヶ月後、Microsoftはデータベースの次のバージョンで何が来るのかを明らかにしています。また、Softiesは期限を共有していないが、製品に組み込まれる新しいメモリ内データベース技術について話している。

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

Microsoftは、SQL PASSサミットの開会式日に、コードネームのHekatonというインメモリテクノロジをSQL Serverに追加すると発表しました。 Hekatonは、今年末までに100人に拡大する予定の少数の顧客とのプライベート・テクノロジー・プレビューを行っている。

多くの場合、大量のデータを処理する場合でも高速なクエリ結果を得るために、ディスクストレージではなく主メモリに依存しているため、電話、金融サービス、産業制御、その他のリアルタイムの影響を受けやすい顧客のドメインです。 IBM、Oracle、SAPをはじめとする大手商用データベース・プレイヤーの大部分は、長年にわたりメモリ内のデータベース製品と戦略について一般に話していました。マイクロソフトも、アナリティクスツールとコラムストアの両方の技術面で、メモリ内の機能について語っています。

今後、マイクロソフトは、インメモリ技術をコアデータベースに折りたたむことでコスト削減と管理の複雑さを軽減し、SAPやOracleのような他のインメモリデータベースプレーヤーとは区別しています。アドオン。

SQL Serverのマーケティング担当ディレクターであるDoug Lelandは次のように述べています。「既存のハードウェアを活用して、メモリを増やすことでそれを増やすことができます。

Lelandは、Hekatonのテクニカルプレビューにすでに参加している顧客の間で、マイクロソフトが50倍(50倍から50倍ではない)のパフォーマンス改善を見ていると述べた。

(Hekatonはギリシャ語の “factor 100″です。チームの目標は、100倍のパフォーマンス加速レベルを目指すことでした)Hekatonはまた、巨大な神話の生き物であり、ドミニカンのスラッシュメタルバンドでもあります。 。)

マイクロソフトは、4000人の開発者とITプロフェッショナルが参加しているSQL Passで、いくつかの発表をしています。

*マイクロソフトは、SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse(PDW)と呼ばれるエンタープライズデータウェアハウジングアプライアンスの次期バージョンの準備を進めている。 2013年の上半期に予定されているこの製品には、PolyBaseという新しいデータ処理エンジンが含まれています。このエンジンは、リレーショナルデータと非リレーショナルHadoopデータを問合せできるように設計されています。マイクロソフトテクニカルフェローDavid Dewittは、PolyBaseの原則の1つです。

* Microsoftは、SQL Server 2012 Service Pack 1の最終バージョンをリリースしています。このサービスパックの主な機能は、Office 2013のPowerPivotおよびPower View分析機能のサポートです.SQL Server 2012 SP1には、このMSDNの記事に詳しく述べられています。

マイクロソフトでは、次回のSQL Serverのコードネームや、その暫定的な到着日を共有していません。誰でもどちらかの情報がありますか?

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任