富士通シーメンスライフブックP7120レビュー

富士通シーメンスのLifeBook PシリーズのウルトラポータブルノートPCには、2005年10月にレビューしたP1510 Tablet PCと、2004年8月にEditors’s Choiceを受賞したP7120の前身であるP7010が含まれています。

設計

ブラックとスレートグレーでスタイルされたLifeBook P7120の外観はきれいで軽量です。オプティカルドライブを取り外すとわずか1.28kg、ドライブは1.44kgです。 2本目のバッテリーは、主電源から長持ちするようにオプティカルドライブの代わりに使用できます。 P7120の寸法は、幅27.1cm、深さ20.9cm、高さ2.43-2.83cmのものが適しています。

LifeBook P7120にはワイドスクリーンフォーマットが採用されているため、一度に2つのドキュメントを開くことができるだけでなく、キーボードの幅が26cmのスペースもあります。キーが押されたときに安心して「クリック」するキーは、大きくてはっきりとマークされています。速度で入力することは問題ではありません。

ファンクションキーは半分の高さであり、タッチパッドは比較的小さいものの、非常に応答性が高い。その下には、2つのほぼ正方形のマウスボタンがあり、スワイプ領域には内蔵された指紋認識機能があります。指紋認証は、デバイスとネットワークの両方のアクセスセキュリティの標準として統合されているTrusted Platform Moduleとは独立して、またはTrusted Platform Moduleとともに使用できます。

表示は10.6インチです。斜め方向に1,280 x 768ピクセルの解像度を提供します。鮮明ではあるが、シャープネスに役立つ富士通シーメンスのクリスタルビューレイヤーは、スクリーンが光って見えてしまい、私たちの後ろの光源を使って作業すると難しいと感じていた。

特徴

LifeBook P7120は、Intelの1.2GHz Pentium M超低電圧(ULV)753プロセッサを搭載し、915GMSチップセットと512MBのDDR2 SDRAMを搭載しています。メモリは512MBの2番目のモジュールを介して最大1GBまで拡張できます。予備のDIMMスロットグラフィックスはチップセットに統合され、ワイヤレスネットワークはインテルのPRO / Wireless 2915 a / b / gモジュールによって提供されます。 Bluetooth(バージョン1.2)もあります。ハードドライブは、東芝の60GBのユニットで、回転数は4,200rpmです。

既に述べたように、Fujitsu Siemensは、富士通のDVDリライタである光学ドライブをシステムに組み込むことができました。同じ(右手側)には、SD、xD、およびメモリスティックカードを受け入れるUSB 2.0コネクタとフラッシュメモリリーダーがあります。主電源アダプターも右側にあります。

残りのポートとコネクタのほとんどは左側にあります。 FireWire(IEEE 1394)ポート、モデム(RJ-11)およびイーサネット(RJ-45)ジャック、Sビデオ出力ポート、およびType II PCカードスロットが1つずつあります。ヘッドフォンとマイクのポートは、フロントエッジの唯一のコネクタです。画面の両側にツインマイクロフォンがあるので、望むならステレオで録音できます。システムのステレオスピーカーは、バッテリーパックの両側の背面にあります。

蓋を開けると、ケーシングの一部がスクリーンの下に見えるままになります。これは、電源ボタン、ステータスライト、ワイヤレスネットワーキングのオン/オフスイッチ、「ECO」と表示されたボタンが配置されています。後者を押すと、メディアドライブとFireWireポートがオフになり、バッテリの寿命を延ばすために画面のバックライトが暗くなります。

LifeBook P7120は、冷却ファンがないため非常に静かです。ファンの代わりに、液体冷却されたパイプがシステムの内部を通って熱を放散します。これは審査期間中はうまくいくように見えましたが、ノイズの欠如を認識しました。

性能とバッテリ寿命;性能とバッテリ寿命に関する限り、LifeBook P7120は、最近レビューされたソニーのVAIO VGN-TX2XP / Lと同じ球場にありますが、どちらの点でもやや遅れています。アプリケーションベースのMobileMark 2002テストでは、バッテリ寿命が5時間13分に比べて5時間3分短縮されていましたが、P7120はVAIO 161に155ポイントを獲得しました。簡単に言えば、性能は十分であり、バッテリ寿命は優れています。主電源からできるだけ離れた主流のアプリケーションを実行するよう設計された超ポータブルシステムにとって、妥当な状態です。

LifeBook P7120に内蔵されている鐘や笛はほとんどありません。スワップ可能な光学式ドライブ、セキュリティ機能、応答性の高いキーボード、騒々しいファンがないなど、ワイドスクリーンフォーマットも歓迎します。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン