マイクロソフト、IRSの課税戦闘はまだ終わっていない

Microsoftは1月26日に報告された第2四半期決算の第2四半期の一部として、「IRS監査調整」により所得税を徴収したと報告したが、同社のIRSとの税務対決はまだ終わっていない。

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行

マイクロソフトは、ノキアの統合費用、1セントのマイナスの為替差損、不特定のIRS監査による4セントの所得税から2%のマイナスの影響を受けた、第2四半期の71件の1株当たり利益を報告した。

この四半期のマイクロソフトの実効税率は25%で、Amy Hood最高財務責任者は、前述のIRS監査調整のための前述の所得税の請求により予想以上に高いと言いました。 (マイクロソフトの税率は昨年度は21%で、シアトルタイムズ紙によると)

マイクロソフトの役員に、ちょうど報告された調整が、税率の低い国や地域にソフトウェア販売権を移転する際に税法に遵守しているかどうかについて、IRSとの継続的な戦いに関係しているかどうかを尋ねた。スポークスマンによると、同社は最新の収益報告書の一部として幹部らのコメントを超えるコメントはなかったという。

しかし、1月26日に公開されたMicrosoftの10-Qレポートには、

その短さ:1月26日現在、マイクロソフトとIRSは依然として紛争を解決しておらず、Microsoftの関係者は今後12ヶ月以内にそれが起こるとは考えていません。しかし、マイクロソフトの幹部は、同社の提出書類によると、同期間の所得税偶発事象に「重大な」影響を及ぼすことも期待していない。

マイクロソフトのIRSとの往復は昨年末に加速しました。

2014年10月、IRSはMicrosoftに召喚状を提出し、バミューダとプエルトリコの移転価格慣行に関する詳細情報を求めました。

2014年11月、マイクロソフトはIRSに対し、マイクロソフトの移転価格慣行を調べるために5月に雇った法律事務所Quinn Emanuel Urquhart&Sullivan LLPとの契約に関する情報を求めて訴えました。 2014年12月下旬、IRSは、以前のマイクロソフトのCEOスティーブ・バルマー(Steve Ballmer)と元および現在のマイクロソフトの数人の他の職員を相手取って、同社の税務慣行に関する継続的な調査で証言するよう訴えました。

マイクロソフトの主張:IRSは、約8年間進行中である場合には、法令を引き続き拡大しようとしています。 12月31日の提出書類で、Microsoftは召喚令状事件を統合しようとした。

IRSが税金に対して争う唯一のハイテク企業ではないが、同様の価格設定の問題についてもアマゾンと戦っている。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい