Google、Nortelの特許でRockstarコンソーシアムと和解

GoogleはNortelの特許ポートフォリオを取得して訴訟を起こしたAppleとMicrosoftが支援する特許コンソーシアムであるRockstarとの訴訟を解決することに同意した。

GoogleとRockstarは、月曜日にテキサス連邦裁判所に提出された文書に基づいて、「両当事者間の論争のすべての問題を解決する」ことに合意した。出版物によると、最終的な和解は、組が一般的な用語集に達した後、まだ解読されている。

Microsoft、Apple、BlackBerry、Ericsson、Sonyの株主を抱えるRockstarは、2011年にNortel特許のオークションでGoogleを優遇し、ネットワーキング会社の知的財産に45億ドルを支払った。

Microsoftは、Androidを組み込みOSとして使用している別のデバイスメーカーに、特許ロイヤルティを支払うことを納得させている。

その後、昨年10月のGoogleのAndroid KitKatの発売の前夜に、ロックスターはテキサス東部地区で、Asustek、HTC、Huawei、LG、Pantech、Samsung、ZTEなど、Googleと7台のAndroid端末メーカーに対して申し立てを行った。

この訴訟は、主要なAndroid携帯端末メーカーを対象としていましたが、Googleに対する訴えは検索特許と広告特許に重点を置いていました。

月曜日に提出されたこの文書は、ロックスターがサムスンと和解したかどうかを明らかにしていない。

ロックスターはHuaweiに対して訴訟を取り下げたが、今年初めには中国のネットワーキングと携帯電話会社がライセンス取得に同意したかどうかは明らかではなかった。

Googleは昨年末にカリフォルニア州の裁判所に訴訟を提起し、テキサス州のイースター地区から訴訟を取り消した。これは特許侵害訴訟の請求のための好ましい会場であった。ロイター通信が指摘したように、Googleは携帯電話メーカーに対してテキサス州の手続きを止め、カリフォルニア州の事例を打ち破った。 Googleはコメントのリクエストに応じなかった。

シスコは、今月、Rockstarとの契約に合意した契約に関連して1億8,800万ドルの費用がかかることを明らかにした。

昨年、Googleは、サムスン、LG、シスコを含むRockstarの訴訟の対象となる企業と、複数のクロスライセンス契約を結んだ。シスコは、「不要な特許訴訟」を防止する方法として、クロスライセンス契約を特徴付けました。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Googleと共同でRockstarの特許攻撃:4つのテイクアウト、GoogleはNortelの特許の反競争力に関するMicrosoftとAppleのコラボレーションを呼び出すNortelの過去の特許の幽霊はAndroidを脅かすために戻ってきた、GoogleはAndroidに対する「敵対的で組織的なキャンペーン

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます