2013年第3四半期のスマートフォンのデータがサムスンとアップルの支配を続けている

2013年第3四半期のスマートフォンの出荷台数は、IDCとジュニパー・リサーチからこの分野の継続的な成長を示すデータが入ったばかりです。

サムスンはアナリストによると、スマートフォンベンダーとしてアナリストによると、市場の13%を2位としている。

サムスンとアップルは、ホリデーシーズンに向けて、消費者に提供される最新のデバイスで、引き続き支配と成功を見せてくれるだろう。

Huawei、Lenovo、LGは4.6〜4.8%でほぼ同じであり、未定義のOthersカテゴリは41.3%を消費している。

ノキアは第3四半期に880万台のLumiaデバイスを出荷しましたが、それでも他のカテゴリに入れています。ノキアワールドで明らかにされたデバイスは第4四半期に販売される予定であるため、ノキアが大幅に上がる可能性があります。特に、現在の3-5のスポットはほぼ同じ出荷台数の企業に保有されています。

これらのiPhoneとiPadはすべて9月13日に廃盤​​になります

T-Mobileの無料iPhone 7の特典には、初期費用と多くの忍耐が必要です

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

M2M市場はブラジルに戻ってくる

アップル社が新しいiPhoneをリリースしたとき、アンドロイドの所有者は何をしているのですか?イノベーション、M2M市場ブラジルに戻ってくる