マイクロソフトの伝統的なソフトウェアからクラウドへの移行が盛んです

昨年の夏、アップル、グーグル、マイクロソフトの3大テクノロジー会社が何年にもわたって進化してきた方法を見てきました。

「Microsoft、Apple、Google:21世紀に3つの技術巨人がどのように進化したか」を参照してください。

それ以来、携帯電話のサイズを除いて、アップルではあまり変わっていません(株価と同じように増加しています)。また、Googleの広告への依存度も過去1年間で変化していません。

しかし、企業としてのマイクロソフトは劇的な変革を続けており、これは数字に現れ始めている。これは、過去2年間で「モバイル第1、クラウドファースト」にゆっくりと変化したSteve Ballmerの「デバイスとサービス」のビジョンから始まりました。

タグラインにかかわらず、従来のソフトウェアライセンスから、どのデバイスでも実行できるクラウドベースのサービスに移行するという考えがありました。

歴史的に、Microsoftのビジネスモデルはソフトウェアライセンスの販売に基づいています。 2004年度には、Microsoft、Windows Server、Officeのライセンス収入の約82%を占めていました。

10年後、2014年度の終わりには、Microsoftの従来のソフトウェアライセンスへの依存度は依然として70%を超え、クラウドサービスとハードウェアへの多大な投資が多額の収益をもたらしています。

さらに重要なことに、Windowsデスクトップライセンスの収益は、平均価格が下がるにつれて急速に低下していますが、それは引き続き同社のプラットフォーム戦略の重要な部分です。

今月末にSatya NadellaはCEOとしての初年度を締結し、数週間後にMicrosoftは2015年度の実績を報告する予定です。現在の傾向が続くならば、同社の収益は全体的に大幅に増加し、従来のライセンスから得られる収益の60%以上を占めています。

これは、2014年6月30日に終了する会計年度に報告された収入を使用して、1年前のMicrosoftのビジネスを見たものです。

大きな企業はマイクロソフトのビジネスの核心です。商用ライセンスの収入は、主にMicrosoft OfficeやWindows ServerやSQL Serverなどのサーバー製品からのものです。 Windowsデスクトップ版のボリュームライセンスは、有意義な収入をもたらします; 2014年にOEMはPCをWindowsにする権利として135億ドルを支払った。電話カテゴリの収益には、Androidデバイスメーカーの非常に大きな特許ライセンスのチェックが含まれています;商業その他のカテゴリは、主にOffice 365 CommercialとMicrosoft Azureの収益で構成されています。コンシューマーその他のセグメントには、Office 365 PersonalおよびHomeサブスクリプション、Windowsストア、Xbox Live、およびオンライン広告のトランザクションが含まれます。これらの2つのセグメントは、クラウドなどと呼ばれるカテゴリではほぼ同じですが、ハードウェアにはMicrosoftのキーボードとマウスがすべて含まれていますが、Microsoft Phone、Xbox、Surface製品の中で最大の貢献をしています。最後のバーの上に青色の小さなスライバーが見えます。これは、Windowsの小売販売(フルコピーとアップグレードの両方)からマイクロソフトがどれだけ多くを作ったかである。これは微視的なビジネスであり、MicrosoftがWindows 10のアップグレードを消費者や小規模企業に熱心に提供している理由を説明しています。

ソース:Microsoft 10-K、2014年度

この図からのいくつかの観察。左から右へ読む

今、2015がどのように整形されているか見てみましょう。 2015年3月31日に終了した9か月間の詳細を含む最新の10-Qレポートからこれらの数字を抜き出した.2014年と比較できるようになるまでにもう1つの四半期があるが、いくつかの傾向はすでに現れている。

出典:マイクロソフト10-Q、2015年3月31日終了四半期

商用ライセンス部門は依然として順調に推移しており、Windowsデスクトップライセンスは昨年よりも前倒しで、サーバー収入はわずかに増加する見込みです。 Officeスライスが急激に減少したのは、商用顧客をOffice 365 Enterpriseプランに移行した直後の結果であり、OEMライセンスは低下しており、デバイスあたりの平均価格が大幅に低下しています。 Windowsの一部のライセンスは現在無料であるか、それに近いものであり、さらに、Windows XPのサポートが終了したことによる人為的なバンプがあった昨年に比べて(より高価な)Proライセンスの販売が減少しています。昨年のペースを上回り、コマーシャル部門は特に好調に推移しました。商用クラウドの成長の大半はOffice 365の移行によるものです;今年の3四半期で、ハードウェアグループはすでに昨年の総売上高を凌駕し、クラウドビジネス全体よりも大きく、 OEMライセンス事業。もちろんそれは収益だけです。 OEMライセンス事業のマージンは空高くありますが、デバイスにアップルのロゴがない限り、ハードウェア事業で利益を得ることははるかに困難です。どのような小売業ですか? Office 365の消費者向けサブスクリプション(新しいPCに多数含まれている)とWindows 10の無料アップグレードにより、このセグメントは来年はちょっと切実になるでしょう。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

再度、左から右へ読む

私は7月末に出版される年度末の数字を熱心に見ていきます。私はこれらの傾向のいくつかが加速することを完全に期待しています。マイクロソフトがXboxとLumiaスマートフォンの販売台数を報告しているSurfaceデバイスの数を明らかにするかどうかは興味深いでしょう。

そしてもちろん、Microsoft Phone部門がどれほどうまくやっているかを見極めることができます.Nokia Devicesの買収は大幅に償却される可能性があります。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます