Lenovo、大型29インチ画面のオールインワンデスクトップPCを発表

Lenovoは、心のスクリーンを大画面化する新しいIdeaCentreを使って、オールインワン(AIO)PC戦争の賭けを強化しています。

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

IdeaCentre B750は、21:9のアスペクト比(2,560×1,080解像度)でも注目される巨大な29インチディスプレイをユーザーに提供します。マルチタスキングを支援するため、同社は複数のオンスクリーンウィンドウを管理するLenovo Split Screenテクノロジーを追加した。また、Windows 8のタッチスクリーン機能を利用するためにディスプレイに触れたりタッチしたりすることもできますし、Lenovo Motion Controlを使用してジェスチャーで基本的なタスクを処理することもできます。 B750には、20ワットのサブウーファーとドルビーホームシアター技術が内蔵されています。

新しいIntel Core i7 Haswellプロセッサ、16GBのRAM、2TBのハードドライブ、Nvidia GeForce GTX 760グラフィックスを使用してB750をデッキに入れることができます。明らかに、これはどれも安価ではありません。システムの開始価格は、来月からLenovoのWebサイトで入手できる場合、1,199ドルです。

より少ないお金のために、Lenovoはまた、3つのIdeaCentre AIOを発表しました。これらもすべて10月にリリースされる予定です。 23インチのB550は799ドルから、21.5インチのB530はさらに安くなるはずだが、価格は未定だ。もちろん、最速のプロセッサーを追加してRAMとハードドライブのスペースを最大限に増やすと、これらのプロセッサーはまだ一杯にもなります。

最後に、A530は、超薄型フォームファクタ(薄いところではわずか0.8インチ)、アルミニウムクラッド、および高度に傾斜可能なスクリーン(-5度から90度まで)のおかげで、B750とほぼ同じ高価です。 B550と同様、23インチディスプレイを搭載していますが、RAM(8GB)とストレージ(ハードドライブまたはソリッドステートの1TB)の最大量はBシリーズの半分です。 A530の開始価格は1,099ドルで、Best Buy独占であるようだ。

(Engadget経由)

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能