IBMのワトソン・ユニット売上高:心配しているか標準ですか?

ワトソンの人工知能技術の開発を監督したIBMのマノイ・サクセナ(Manoj Saxena)は、ベンチャーファンドに移行しました。しかし、その動きは、ワトソンユニットが風にねじれていることを意味するわけではありません。

ビッグブルーは、ワトソンをコグニティブコンピューティングの時代に導く本当の製品ラインにするために、10億ドルほどという大きな賭けをしています。だから、Saxenaが静かにEntrepreneur’s Fund(TEF)に参加するために船に飛び乗るときは大したことです。

ウォールストリートジャーナル紙によると、サクセナはワトソンのチーフマイケル・ロダンの顧問になるという。しかし、その動きは心配を止めることはありません。

また、IBMはWatsonプラットフォームのモバイル開発者を訴えている

私は心配が少し過言であるかもしれないと主張したい。はい、Wastonはビジネスとして自分自身を証明する必要があります。はい、IBMは開発者を必要とし、コグニティブ・コンピューティングを企業が欲するものに変えなければなりません。しかしワトソン氏は現在、技術開発の問題はない。ワトソンには、マーケティング、製品化、販売の問題があります。

サクセナは開発者ですが、彼はワトソンを売ることはできません。ある時点で、テクノロジーは、再生されているJeopardyとホワイトボードの段階から実際の販売に移行しなければなりません。言い換えれば、ワトソンの開発には今や新たなスキルが必要です。

IBMが運が良ければ、SaxenaはWatsonノウハウを使用して、コグニティブ・コンピューティング・エコシステムを推進する企業に投資することができます。おそらく、IBMのWatsonシャッフルは心配ですが、アラーム音を鳴らすのは時期尚早かもしれません。

以前はIBMのWatson GroupがWelltokに、IBM Watsonがアフリカに1億ドルの投資で、IBMのCEO RomettyはWatsonの認知コンピューティングのメインストリーミングに、IBMはWatson Business Groupをそれぞれ設立しました。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする