2011年に世界のIT投資額は3兆6000億ドルに達する

Gartnerの新しいレポートによると、2011年の世界IT支出は、通信機器のエンドユーザ需要が堅調に推移し、3.6兆ドルに達すると予測されています。

金曜日に発表されたこの報告書によると、2010年の世界IT支出は、2009年に5.4%増加して3.4兆ドルに達した。ガートナー氏によると、2011年の予測を3.5%から5.1%に引き上げると予想されている。

肯定的な予測は、通信機器市場の期待される強い展望によって部分的に駆動された、と報告書が述べた。成熟市場におけるスマートフォンの売上と新興市場におけるホワイトボックスのデバイスが盛んになることから、この市場における世界の消費は、今年1兆6500億ドルに達するために9.1%増加するでしょう。

さらに、Gartnerは、為替レートの変動が、米国債の弱含みを前提としているため、上方修正の重要な要因であると判断した。

「米ドル相場の好転に支えられ、2010年の世界IT投資の成長率は5%を超えると予想されているが、マクロ経済の不確実性が継続していることから、ガートナーのリサーチ・バイス・プレジデント、

同代表は、世界経済の状況は改善し続けているものの、米国や西欧の重要な成熟経済の成長見通しが低迷していることから、「回復が遅く、阻害されている」と付け加えた。さらに、主要新興国が新年に比較的高い成長率を維持できない可能性があるとの懸念が高まっている、と指摘した。

一方、ガートナーは、不確実な時代にITが繁栄し続けると考えています。ゴードン氏は、ITはコスト削減とコスト最適化の根幹をなすものであり、技術への投資はビジネス成長戦略の重要な要素としてますます増えていると指摘しています。

「ITへの健全な支出が続くことについて楽観的だ」と述べた。

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか; CXO; CIOには誰が影響しますか? CXO、ITエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ銀行、データセンター、デルタがシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

先月、IDCは、2011年の世界IT投資額に対する1兆6000億ドルのより控えめな予測を提供しました。

ガートナーの最新レポートによると、アジア太平洋地域のエンドユーザーは、2011年のIT支出総額のうち、約6,520億米ドルを拠出することが明らかになりました。これは2010年から570億米ドル増加し、今後3年間は支出を継続する。

ガートナー氏は、数字を拡大すると、コンピューティングハードウェア、ITサービス、テレコムなどの他のカテゴリと比較して、ソフトウェアがエンドユーザーの支出で12.8%の最大の飛躍を見せると指摘した。

それによると、電気通信機器は全体として絶対的に上位の支出領域となっている。この部門は、2010年の4兆2,206億米ドルからのハイキングである2011年の域内総支出に4,608億米ドルを貢献する。

昨年11月、ガートナーは、アジアの組織がIT支出を7.6%増やして312億ドルになると見込んでいると指摘した。成長率は2010年に比べて遅いが、予算は10.6%増加した。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル