IDC:ソフトQ4の販売台数の中で、HPは依然としてトップPCベンダーです

ヒューレット・パッカードは、世界のトップベンダーであり、主要市場での回復を図っているという。

市場情報機関は、木曜日の午後にPC業界の最新レポートを発表し、2012年第4四半期の世界的なソフト販売を発表しました。

具体的には、2011年第4四半期から6.4%減少するとは言えないが、前年同期の約8,980万台のPCが出荷された。

アナリストや投資家は、10月末にWindows 8がリリースされたことを受けて好調を見せていたかもしれないが、木曜日の報告によれば、新しいバージョンのMicrosoftオペレーティングシステムが影響を及ぼすには十分な時間がなかった。

IDCのWorldwide Quarterly PC Trackerグループのシニアリサーチアナリスト、Jay Chou氏は、

第3四半期はWindows 7の在庫を削減することに重点を置いていましたが、予備調査によれば、このクリアランスはWindows 8システムの使用を大幅に向上させませんでした。タッチ中心のPCを促進するためにシャッフルしていないため、ベンダーは、より安全で信頼性の高い効率的なユーザーエクスペリエンスを促進するその他の機能を強く強調していません。 Windows 8が成熟し、Ultrabookの価格設定などの他の対応する変数が低下し続けると、PC市場は2013年にメッセージングと需要の両方でリセットされることが期待されます。

ベンダーに関しては、これは厳しい状況です。 IDCは、ガートナーの反対の報告にもかかわらず、ヒューレット・パッカード社と引き続き10月の世界のトップベンダーとして、レノボに先行している。

第4四半期のIDCは、「HPは、主要市場における過去の弱さから幾分回復して、IDCの世界ランキングでトップを維持し続けた」と主張した。

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話

面白いことに、IDCのアナリストは、Windows 8のプッシュが実際にはHPを前半に援助したと言いました。特に米国やアジア太平洋地域ではそうです。しかし、HPはヨーロッパ、中東、アフリカで苦戦を続けました。

第2位にもかかわらず、レノボは同四半期中に出荷された1,400万台以上の記録を記録し、世界全体で8.2%の利益を上げました(HPの0.6%減)。

しかし、IDCのアナリストは、レノボの利益は、従来のものよりもまだ小さく、昨年の30%近くの成長率と比較していると指摘した。

Dell、Acer、およびAsusはそれぞれ、世界の上位5社のPCベンダを総括しました。 Lenovo以外にも、Asusは2011年第4四半期から2012年第4四半期にかけて肯定的な成長を記録した唯一の売り手でした。

IDCは、2012年全体では、2011年以来の市場シェアの6.7%の低下にもかかわらず、HPが今年のトップベンダーであることを明らかにした。一方、Lenovoは19.2%のシェアを獲得した。

IDCの米Quarterly PC TrackerのリサーチディレクターであるDavid Daoud氏は、この年を振り返ると、消費者は「あらゆる種類のクールなPC」とタブレットを期待していなかったと報告した。代わりに、彼は続けました、彼らはちょうどWindows 8となる新しいオペレーティングシステムを備えた従来のPCを手に入れました。

しかし、今年2つ以上のハイブリッド製品であるウルトラブック、タブレットなどで何人のOEMパートナーが出ているかを考えれば、今年の消費者の感情は変わるだろう。

IDCワールドワイド四半期PCトラッカーによるチャート

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能