EPEATの進捗状況:3億1,700万件以上の登録商品の販売

電子製品環境評価ツール(別名EPEAT)がわずか4年であることに驚いていますが、そのプログラム中に登録された3億1700万以上の製品が販売されています。これはちょうど出版された2009年のEPEAT進捗報告書によると最新です。

現在、EPEATは、タワーシステム、ノートブック、ワークステーション、シンクライアント、モニタ、統合システムなど、かなり基本的なデスクトップ技術と周辺機器をカバーしています。 2009年のEPEAT登録製品の売上高は約4450万台で、米国では約10%増でした。組織は、現在米国市場で販売されているノートブックの半分以上がEPEAT登録されているとしている。認定を監視する運営組織は、2009年だけで購入したシステムの生涯の影響が次のように解釈されます

さて、EPEATを取得して、Energy Starのために、サーバーや印刷/イメージングデバイスを扱うために、より迅速に移行できるのであれば。 Energy Starは現在サーバー技術を扱っていますが、その焦点はかなり低い構成にあります。これまでのところ。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは、非営利団体向けAIスーパーコンピュータを提供

10億キロワット時以上の省エネルギー(年間900,000米国の家庭に相当); 2百万トンの温室効果ガス排出量の削減(または、12年間のガレージ内に140万USの乗用車を維持するのと同じ効果月間)93,000トンの水質汚染物質排出の回避、72,000トンの有害廃棄物の削減、372,000世帯の温度計を満たすのに十分な水銀

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供