コストセンターに対する利益センタとしてのIT:議論の状態

しかし、ITが多くの企業で重力を失ってしまったことは否定できない。企業がコンピュータ化を始めたときに重要なビジネスイネーブラと見なされていた場所は、今予算の中では必要だが高価なラインナップとなっている。

多くの企業やIT部門が明言したように、この問題は、ITが利益センタではなくコストセンターと見なされるときに発生します。言い換えれば、より大きな目標に向かって組織を立ち上げる触媒ではなく、ビジネスに負担をかけるものと見なされます。

そのうちのいくつかは、より良いコミュニケーションによって解決することができます.CIOは、ITが可能にしてくれる勝利のためのより良いチアリーダーです。しかしそれは、それが動作する方法を変えるITに関するものでなければならない。

賢明なIT部門は、より多くの価値をもたらし、認識を変える手段として、イノベーションへの投資と比較して維持管理コストをゼロにしました。一度測定を開始してから、多くの人が、IT予算の70〜80%を既存のアプリケーションやインフラストラクチャに費やしていることに気付きました。彼らの多くが緊密に管理されなければならない高価な負担と見なされたのも不思議ではありません。

これは、オフショアリング、アウトソーシング、クラウドコンピューティングが企業やIT部門の好きなツールとなった大きな理由です。メンテナンス費用の予測と管理が容易になりました。これを行うことで、IT部門は、新しいベンダーや製品の探索、ソフトウェアのアップグレード、会社の費用を節約し、競合他社を飛び越えることができる新しいソリューションを探すために、より多くの努力を集中することができました。新しい市場に侵入する可能性があります。

もちろん、オフショアリング、アウトソーシング、さらにはクラウドでさえ、ビジネスプロセスを複雑にしたり遅くしたり、よく管理された社内ソリューションよりも高価になる可能性があります。したがって、実際のコストを把握し、IT部門がうまくやっていることと、外部のサービスプロバイダーに残されていることがより良いことを正直に考えるために、デューデリジェンスを行うことがすべてです。

ITの存在を正当化するという圧力が引き続き強まっています。物事を円滑に運営するだけでは不十分です。それだけに焦点を当てているIT部門は、ビジネスに苦労するまで予算を引き締め続け、コストは正常化します。新しい投資資金を得るためには、維持管理コストを効果的に抑えることができ、長期的な価値を会社に加えるベンダーや製品の選択において賢明な決定を下すことができることを示す必要があります。

それが私たちがいる場所です。これは、うまく実行され、これのように何年も前から考えてきたIT部門のすべてが初心者だと思います。しかし、将来については偏って分布している(William Gibsonの言うように)。企業の規模にかかわらず、すべてのIT部門は、これらの原則を採用して、考え方、分類方法、およびIT予算の使い方に適用することができます。

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

適当な注意

コストを抑えてスマートに購入する