MicrosoftとGoogleがOpenIDに加わるが、Ciscoはどこですか?

TechMemeは、Microsoft、Google、Verisign、およびIBMがすべてOpenIDボードに参加したと報告しています。 YahooとGoogleはOpenIDに関与しているか、関与しています。

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行

しかしそれだけでは不十分です。 TechcrunchのMichael Arlingtonが指摘するように

しかし、いずれかが急いで(第三者のOpenIDを使っているユーザーに自分のサイトにログインできるようにする)「信頼の当事者」になることは明らかではない。 OpenIDは勝者になると思われるので、OpenIDとの互換性がある大企業は良いヘッジです。もちろん、誰もがID発行者になりたいと思っています。なぜなら、彼らはユーザーを「所有」するからです。他のサイトのユーザーがサービスにログインできるようにすることは魅力的ではないので、しばらくその機能が使用されるとは思わないでください。

さらに、エンタープライズベンダーも関与する必要があります。シスコ、アバイアなどは、OpenIDと結びついているはずです。このようにして、ユーザーは企業サイトとサービス間で1つのログインを使用できるようになります。他のデータベースや企業システムに比べて通信システムのアイデンティティーが必要な理由はありません。これは、私の身元を共通のプレゼンスインフラストラクチャに結びつけることを目指しているときに特に当てはまります。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい