IBMは数分で仮想マシンを約束する

IBMはクラウド・コンピューティング・スタックに仮想デプロイメント・ソフトウェアを導入し、データセンター全体を数分で仮想化することを約束しています。

オープンベータ版ですぐに利用可能な高速プロビジョニングソフトウェアは、単一仮想マシンを数秒で数十分の一、数千分の一時間で作成して展開することができるという。

IBMは、ラスベガスで開催されたPulseカンファレンスで、クラウド管理パッケージのアップデートにより、企業はリソースをより動的に浸透させ、リソースをより動的に解放し、新しいアプリケーションをより迅速にオンラインで入手できるようになると語った。

チボイ中国開発研究所のディニス・クアン(Dennis Quan)ディレクターは、システムがワークロードを完了すると、一般的に企業がクラウドにリソースを戻すことに躊躇している、と語った。同氏は、新しいテクノロジによって仮想マシンを迅速に設定できるため、企業が事前に展開を計画する必要がなくなり、クラウドをリソースプールとして扱えるようになると主張しました。

新しい機能により、ユーザーは[リソース]をクラウドにリサイクルすることができると言います。クアン氏はウェブサイトを英国に紹介しました。これはリソースをあきらめることを躊躇するユーザーの考え方を変える可能性があります。

IBMは、既存のセットアップの管理を支援するために、この技術を採用しています。 「既存のアプリケーション、アップグレード、サイトの問題を修正しようとすると、新しいアプリケーションを追加するだけでなく、仮想マシンを導入するスピードも重要な要素です」とQuan氏は述べています。

IBMの中国研究室で開発されたプロビジョニング技術は、世界中の他の研究施設からの貢献を受け、初期の代替アプローチを取り入れることでスピードが向上します。 「ほとんどの仮想マシンの導入では、仮想マシンイメージのコピーが最初のステップとなります。 「私たちがすることの1つは、そのステップをスキップすることです。

当初、ベータ版はx86サーバーで利用でき、IBMは他のプラットフォームにも拡張しようとしています。 Quan氏は具体的な詳細を述べなかったが、IBMのクラウドはx86システムに加えて、ハイエンドのUnixマシンとメインフレームをサポートしていることに留意した。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

このソフトウェアは、クラウドコンピューティングのためのIBMの管理スタックと統合するように設計されており、医療記録や画像アーカイブなどのデータを扱う際に「キーイネーブラー」と見なされているという。クラウドコンピューティングは、アプリケーションからインフラストラクチャに至るまで、さまざまなコンピューティングサービスをオンデマンドで提供するための最も成熟した最新の試みです。

IBM英国およびアイルランドのクラウド技術責任者、ジョン・イーストン氏は、彼が話しているほとんどの組織は、今日ワークロードをクラウドに移行できると述べています。 「私は、まだできなかった人に出くわしたことはありません」と、彼は英国のウェブサイトに語った。

同氏は、クラウドインフラストラクチャへの移行を検討している英国企業にとってセキュリティの懸念が最大の障害であると指摘した。 「これらのケースでは、多くの企業がプライベートクラウドを構築してデータの管理を維持することを選択しているように見えます。

同氏は、企業がクラウドコンピューティングの考え方をより快適に感じ始めると、より重要性の低いデータをパブリッククラウドに移行させることを期待していると付け加えた。

IBMのTivoli Storage Manager for Virtual Environmentsは、3月13日に販売開始する予定で、少なくともバックアップとリカバリーに関して、データセキュリティに対する懸念を和らげることを目指しています。同社は、プロビジョニングベータの発表と並行して、仮想マシン管理の高速化のためのパッケージの重要な部分として、この技術を強調しました。ブロックレベルの増分バックアップと仮想マシンからのバックアップワークロードのオフロード、単一パスバックアップからの柔軟なリカバリオプションを提供します。

仮想マシン導入ジグソーパズルのもう1つの要素は、IBMの既存のTivoli Provisioning Manager 7.2であり、ITリソース割り当ての自動化を改善するように設計されています。 IBMは、ベスト・プラクティスを自動化することで、仮想マシンに関連するイメージの広がりを最小限に抑えるという。

最後に、IBMはサービス管理をハイブリッド(パブリックおよびプライベート)クラウド環境にまで拡張しました。この技術は、「プライベートクラウドとパブリッククラウドの物理リソースや仮想化されたリソース、および従来の物理的な配備のガバナンス、監視、セキュリティなどのサービス管理機能を拡張します」と同社は述べています。

ウェブサイトUKのKaren Friarがこのレポートに貢献しました。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大